カテゴリ

    最新記事

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    自分の投資経過を公開することで投資型クラウファンディング(ソーシャルレンディング)のことを知ってくれる人が少しでも増えたらいいなぁと考えています。

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    RSS

    これは固定された記事です。この次が最新の記事となります。

     当ブログを訪れていただきどうもありがとうございます。ご案内をさせていただきます。

     当ブログ最大の売りである、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の業界動向観察・比較については、検索フォームで「各社、各サービス比較」で検索を行うか、左の「カテゴリ」から、ソーシャルレンディングサービス比較をクリックするかしてください。
     前者の方が、過去のデーターを参照しやすいです。最近のデーターを新しいものから見たい時は後者を選択してください。月次の各サービスの募集金額もそこに掲載してあります。

     各サービス(運営会社)について個別の記事については、やはり「カテゴリ」の一覧から各サービス名をクリックしてください。当ブログ管理人が足を使って執筆した各運営会社によるセミナー、勉強会参加報告もそこにあります。「カテゴリ」における「ソーシャルレンディング」では業界全般のニュースやコラムを載せています。

    ご質問がありましたら、コメント欄からお気軽にどうぞ。なにとぞ、よろしくおねがいします。
    スポンサーサイト

    2015-2016年ソーシャルレンディング収益報告

     配当額ベースのソーシャルレンディング収益報告は月毎におこなって参りましたが、今回は確定申告に用いる「年間取引報告書」ベースの収益をご報告します。

     最新の2016年分と、去年報告そびれていた2015年分を併せて報告します。

    各運営会社から提供された年間取引報告書を提示した後にまとめの表を掲載します。

     2年分の報告書がある場合はそれらを並べて提示します。横に並べている場合は左が2015年分、右が2016年分のものです。縦に並べているときは上が2015年分、下が2016年分のものです。

    1.maneo
    02_maneo20170409.jpg

    2.AQUSH
    01_AQUSH20170409.jpg

    3.SBIソーシャルレンディング
    04SBISL20170409.jpg

    4.クラウドバンク
    03_crowdbank20170409.jpg

    5.クラウドクレジット
    05_crowdcredit20170409.jpg

    6.ラッキーバンク
    ラッキーバンク" target="_blank">06_luckybank20170409.jpg

    7.オーナーズブック
    07_ownersbook20170409.jpg

    8.スマートエクイティ
    08_SmartEquity20170409.jpg

    9.LCレンディング
    09_lClending20170409.jpg

    10.ガイアファンディング
    10_GAIAFNDING20170409.jpg

    11.トラストレンディング
    11_trustlending20170409.jpg

    12.クラウドリース
    12_CrowdL20170409.jpg

    13.スマートレンド
    13_SmartLend20170409.jpg

    14.みんなのクレジット
    14_MC20170409.jpg

    15.グリーンインフラレンディング
    15GreenIL20170409.jpg

     全サービスの2年分の収益を表にしました。

    PL201704170101.png

    年間取引報告書ベースにおいて

     2015年の利益は99万4千215円、源泉徴収額は20万2千551円、税引き後利益は79万1千664円なります。

     2016年の利益は154万1千792円、源泉徴収額は31万4千160円、税引き後利益は122万7千632万円となります。

     
     なお、配当額ベースでは2015年が76万6千883円、2016年が123万7千191円となります。このくらいの差は生じてしまうものなのでしょう。税金関係の話は詳しくないので理由はわかりませんが。

    参考
    2017/01/31 ソーシャルレンディング投資結果報告2016年12月期(1年のまとめ)


     しかしこの2年で50万円以上の源泉徴収額を税金として取られていると思うと本当に腹が立ちます。いろいろ文句を言いたい相手はありますが、今は自重したいと思います。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない

    FUNDINNOが実業界2017年3月号に掲載されました。

     日本初の株式会社型クラウドファンディングサービスであるFUNDINNO[(株)日本クラウドキャピタル運営]が業界専門誌「実業界」2017年3月号に取り上げられました。



     簡単にご紹介します。実業界には「リアルイノベーター 大化けする変革企業」という不定期連載が掲載されていますが、そこで

    株式会社日本クラウドキャピタル柴原祐喜社長“株式型”クラウドファンディング事業

    と題した記事において詳しく述べられています。


    1.連載本文

    特に私が注目と感じたことについてだけ、ご紹介したいと思います。

    ・柴原社長は30代ながら豊富なビジネス経験を持つ若いトップ
    ・株式型クラウドファンディングを始めたいと思ったきっかけは、企業トップとして“カネの問題に苦労したから
    ・革新的な技術、サービスは類似のもの(前例)がなく、投融資まで時間がかかる
    ・大手金融機関から投融資を実行してもらうには、“売上が数千万円”といった条件が求められる
    ・そうしているうちに資金が流出しベンチャー企業は成長の機会を失う

    ・未上場企業も市場からスピーディーに資金調達ができる環境が必要と考えた
    ・株式型クラウドファンディングは資金調達以外も、集合知がもたらす良い効果が企業にある
    ・(事業が魅力的で)案件が成約する(資金を調達できる)には市場のニーズがないといけない
    ・そのニーズがあるか、事業がうまくいくかが集合知によって見極められる

    ・こうしたクラウドファンディングの特性を利用して中小・ベンチャー企業の資金調達環境を変える
    ・大手金融機関からの投融資を受けるまで、時間がかかるようならば、その中継ぎの資金を株式型クラウドファンディングで調達する、という連続性を持たせた資金調達環境を構築する
    ・このことにより、大手金融機関からの投融資の際には、より大きな資金を企業は調達できるようになる


    「企業の成長をより身近に感じたい方や、モノやサービスのユーザー視点で、より良い品質のモノやサービスを受けたい方、そんな投資に対する感度の高い方が、当社の予想を大きく上回る規模で、当社のサービスに関心をもっていただくことができました」

    (柴原社長-実業界2017年3月号33Pより)

    ・柴原社長の経営者としての信用、クラウドファンディングへの関心の高さも手伝い2017年1月時点で2千人を超える投資家の申し込があった。
    ・エクイティによる資金調達を希望する募集企業も数百社を超え、申込が途絶えない

    「ある程度、投資家様、発行体様となり得る企業双方から、反応があるとは思いましたが、予測を遥かに上回る登録数です。」

    (柴原社長-実業界2017年3月号33Pより)
    と続きます。

    実業界編集部による

    当社は、日本初の第一種少額電子募集取扱業者であり、企業支援の新たな扉を開くパイオニアになることは間違いない。

    という激励で記事は結ばれています。


    2. 木嶋豊氏のコラムにおいて

     この記事には「リアルイノベーター発掘記-この会社の“トッテオキ“-」というコラムも併せて掲載されています。
    (株)アイビーアライアンス社長・亜細亜大学教授として著名な木嶋豊氏が執筆しており、FUNDINNOへの応援の言葉が載せられています。

     このコラムも簡単にご紹介します。

    ・この会社の“トッテオキ”とは

     クラウドファンディング(投資型)の担い手として、創業から時を経ずして、投資家、支援事業者双方が納得する金融サービスを提供することで、既に高い信頼を勝ち得ている点だろう。

    から始まり、
    ・株式型クラウドファンディングで資金調達を行うには相当な投資家からの信頼が必要だ
    ・2千人という投資家申し込、数百社という資金調達希望事業者はそれを示すものである
    ・その数百社の中から審査を行い、選りすぐりの企業が約30社選ばれている
    ・選ばれた社はクラウドファンディングによる募集を“順番待ち”している盛況ぶりである
    ・今年度上期には募集金額を集められるだろう複数社が資金を手にする
    ・まずは手始めとしてIoT、AIなど先進的なビジネスに取り組む企業への支援に注力すると聞いている
    ・金融面の手当に限らず、投資家との交流会、事業サポートも行う
    ・そうしたインキュベーションスペースにおいてネットだけでなく、リアルなヒトと情報との交流が促される
    ・ビッグデーターの解析を用いたマーケティング支援、ブランディング支援も提供される

    スタートアップ企業には、ベンチャーキャピタルを含め、ほとんど資金の支援、手段がないわが国においてリアルイノベーターと個人投資家を直接結びつける起爆剤になり得るフィッティング企業として、当社に大いに期待したい。



    と結ばれ、木嶋氏によるインベスターズクラウドの評価(視点評価結果)も最後に記載されています。

    FUNDINNO_2017041201_20170227_194532.jpg

    イノベーション力 ★★★★
    企業成長力 ★★★★
    出資・提携おススメ度★★★★

    となっています。


    3.最後に

     私が注目と感じたことは、IoT、AIなどに強みを持つ将来のGoogleとも言える選りすぐりの30社が既に選ばれているということです。今年度上期には株式型クラウドファンディングの仕組みを利用して、資金を行うものと予想されます。そうした企業に「日本初」の株式型クラウドファンディング投資家として名前を連ねられるのは、なかなか魅力的です。

     本記事で省略したFUNDINNOの取り組みについては、以前私がFUNDINNOの運営会社、日本クラウドキャピタルの事業計画に参加した際のレポートにおいて補完できるかと思います。ご参照いただければ幸いです。

    2017/2/22 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1

    2017/2/28 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その2

     近日中に、続々と新規ハイテク企業の株式募集を行うと考えられるFUNDINNO。その活躍に注目です。

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり


    ソーシャルレンディングの月あたり募集額が100億円を初めて突破しました

     ソーシャルレンディングの2017年3月期における募集額が100億円を突破しました。100億円を突破するのは初めてです。

     2017/4/1の速報時には全部のサービスの募集額が出揃っていなかったため保留としていた2017年3月期の募集額ですが、全てのサービスの値が出揃ったので改めてご報告します。

    01_2017y04m13d_133853659.jpg

     ソーシャルレンディング主要21サービスの2017年3月期における募集額は100億2千151万円となりました。これは歴代2位となる2017年1月期の79億6千647万円を20億円超上回る、文句なしの歴代1位の記録となります。


     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    maneoSBIソーシャルレンディングクラウドクレジットクラウドリースアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングです。


     同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    クラウドバンクトラストレンディングです。
     

    02_2017y04m13d_133904583.jpg

     2017年3月31日時点における主要21サービスの累計募集額は1千397億7千698万円となります。

     ソーシャルレンディングはメディアに取り上げられる機会がますます増え、一般の人が情報に触れる機会が多くなっています(このことは別途記事にします)。

     クラウドポートによるメディア縦断型のファンド情報配信も始まり、ますます社会にソーシャルレンディングが浸透しつつあることを感じます。

    参照
    2017/4/12 クラウドポートにファンド通知機能が実装されました。

     2017年1月から3月までの3ヶ月間の募集額は約251億円となりました。

     この調子でいくと年間1千億円の募集も夢ではありません。

     ますますのソーシャルレンディングの発展に期待です。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり


    クラウドポートにファンド通知機能が実装されました。

     ソーシャルレンディング総合情報、横断比較サイトのクラウドポートに「ファンド通知機能」が実装されました。

    好条件のファンドを逃さずキャッチ!指定する条件のファンドが出たらメールでお知らせしてくれる新着ファンド通知機能をリリース(2017/4/6 クラウドポート)

    好条件のファンドを逃さずキャッチ!指定する条件のファンドが出たらメールでお知らせしてくれる新着ファンド通知機能をリリース(2017/4/10 PR TIMES)

     設定した利回り、運用期間、担保設定などの各条件に合致したファンド(案件)が公開された時に、いち早くその情報を受け取ることができます。

     これまでファンドの情報を受け取るにはその運営会社の投資会員、もしくはメール会員になる必要がありました。また情報配信はバラバラでした。
     上記の機能を利用することにより、全運営会社が組成する好条件のファンド情報を一括して受け取ることが可能となります。

     もちろんファンドに投資するにはそのサービスの投資会員になる必要があります。しかし自分が投資したいファンドがどの運営会社から組成されるかを、「ファンド通知機能」を利用して把握することは、ソーシャルレンディング投資家としての目利きを養うことになるはずです。

    簡単にご紹介いたします。


    1.まずは会員登録
    01_2017y04m11d_222254388.png

     クラウドポートの右上にある「新規会員登録(無料)」をクリックすることで新規会員登録が行えます。

    02_2017y04m11d_222315658.png

     新規会員にはメールアドレスの入力とパスワードの設定だけで可能です。その他の情報を入力する必要はありません。また会員登録は無料です。

     「クラウドポートからの最新ニュースを受け取る」にチェックを入れれば、ニュース配信も受けることができます。

    04_2017y04m11d_222536498.png

    「登録確認メール」が配信されるので、それに記載しているURLをクリックすることにより、会員登録は終了となります。

    2017y04m10d_200719878.png


    2.ファンド通知機能を利用する(まずは普通に検索)
    06_2017y04m11d_222627875.png

    27_2017y04m11d_222656374.png

     ファンド通知機能能を利用するにはログインする必要があります。右上の「ログイン」からどうぞ

    08_2017y04m11d_222827213.png

     ログインすると「マイページ」と表示されるようになります。ファンド検索画面に入りましょう。

    09_2017y04m11d_222858388.png

     まずは普通に検索を行います。「ステータス」は“募集前”と“募集中”のものを選択します。「テーマ」は“全て”を選択します。

    10_2017y04m11d_222936210.png

    「詳細条件設定」をクリックします。

    11_2017y04m11d_222950084.png

    「利回り」は“10%以上”、「運用期間」は“6ヶ月以上”、運営会社は“すべて”と設定します。

    12_2017y04m11d_223108306.png

     キャンペーンと通常ファンドの双方にチェックをいれ、「最低投資額」は“すべて“、「担保カバー率」は80%以上とします。私は「保証カバー率」はあまり気にしないのでこれは特に設定しません。

     なお、この時点で現時点で「3件」がヒットすることが左下に表示されています。あまり無茶な条件を入力して検索結果が0になる事態を避けることができます。

    最後に「検索した条件で絞り込み」をクリックします。


    3. ファンド通知機能を利用する(検索後登録を行う)

    13_2017y04m11d_223239682.png

     このように3件のファンドがヒットしました。この条件をサイトに登録して以後すぐに呼び出すためには、右上にある「この条件をお気に入りに登録」をクリックします。
     
    14_2017y04m11d_223348615.png

     登録画面が表示されます。検索条件には任意の名前が付けられます。ここでは“利回り10%以上、担保つき!”としてみました。

     「通知頻度」ですが、こうした好条件の情報はすぐに欲しいので、“新着をすぐに通知”を設定します。こうしておけば条件に合致したファンドが公開された時、すぐにメールが配信されます。

     “1日分をまとめて表示“にすれば、条件に合致した案件が公開されたその日に、情報をまとめたメールが配信されます。

     “通知なし”はメール配信を希望せず、ただ条件を登録するだけのものです。登録した条件はいつでも呼び出すことが可能です。これについては後述します。

    15_2017y04m11d_223422267.png

    「保存」をクリックすれば登録完了です。


    4.メール配信画面

     繰り返しになりますが、実際に配信画面を掲示して「通知頻度」について、ご説明します。

    16_2017y04m11d_223449698.png

    “新着をすぐに通知”を選択した場合、条件が合致する案件が公開されるたびこのように、メールがこまめに配信さることになります。

    17_2017y04m11d_223512083.png

    “1日分をまとめて表示“にした場合は、1日に1回このようにメールが配信されることになります。

    なお、上記のメールはクラウドリースの同じ案件が配信されています。


    5.検索条件管理画面
    18_2017y04m11d_223603539.png

     登録した検索条件はクラウドポートの右上にある「お気に入り検索条件」から管理できます。

    19_2017y04m11d_223628006.png

    クリックすると登録した検索条件が表示されます。


    20_2017y04m11d_223638573.png

    先程登録した“利回り10%以上、担保つき!”をクリックすると

    21_2017y04m11d_223701472.png

    即座にその条件を呼びだすことができます。


    22_2017y04m11d_223730275.png

     検索条件の削除・配信条件変更画面は右上の「すべて見る」をクリックすることでアクセスできます。

    23_2017y04m11d_223813466.png

     検索条件の細かな変更はできませんが、条件の削除と配信条件変更が行えます。また検索条件の左に表示されている上向き、下向きの矢印をクリックすることにより条件の並び替えができます。


    以上となります。

     とても使い勝手がよく、便利な機能であると感じています。

     私は上記のとおり「利回り10%、担保つき」といった好条件のファンドを登録して様子を見ています。

     他にも良い登録条件がないか模索中です。

     利回り5%以下とか、運用期間3ヶ月以下というような上限を定めた検索条件も、もちろん登録可能です。

     各運営会社が組成するファンドの比較、目利きの助けになることが期待できます。


     最後に、クラウドポートはソーシャルレンディング投資家にとってますます便利な機能をこれからも実装予定とのことです。

     会員登録することにより、それらの機能の情報も含め様々なニュースが配信されるかと思います。是非是非ご利用をご検討いただければ幸いです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    ≪前のページ≪   1ページ/99ページ   ≫次のページ≫